1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2022年8月31日(水)
神明幼稚園が大切にしている遊びの中に”工作遊び”があります。
各クラス、空き箱などの廃材を保護者の方にご協力いただき、工作コーナーを設定しています。子ども達は、その廃材を使用して、自分のイメージしたものを作り上げていきます。

年少のこぐま組は、工作好きの多いクラスのようです。クラスの前を通ると真剣な表情でA君が、工作を作っていました。セロハンテープを上手に使いながら、箱と箱をくっつけていきます。

私「何を作っているの?」
A君「これね、ダンゴムシマシーンなんだ!」
私「ダンゴムシマシーン!?」
A君「この中をね、ダンゴムシが歩けるんだよ!広いでしょ!」
A君「この中にダンゴムシが入れるんだね!面白い!!」

すると、S君がやってきました。
S君「先生みて!これね、パクパクなんだよ!ここが口!」(トイレットペーパーの芯を二つ組み合わせて口に見立てて顔を表現しています)
私「本当だ!お口、パクパクしているね!」
その後、トイレットペーパーの目を描き、顔に見立てていました。

A君は、自分の考え付いた創造物を組み立てていますし、S君は、自分の知っていることを”見立てること”によって再現しています。
どちらも、ただの箱やカップ、芯など、もともとは用途の違うものを、想像力を使うことによって新しい価値を生み出しています。

一つのイメージが具体化すると、それがあたらしいイメージを呼び起し、広げ、豊かに、そして充実したものにしていきます。これが、工作遊びの醍醐味なのだと思います。ただし、自分の思いついたことを形にしていくためには多くの技術も必要になります。必要な技術については、保育者も遊びに関わりながら、技術の向上にも努めていかなくてはなりません。

イメージ・もの・つくることのつながりをしっかりと捉えながら、子どもたちの遊びに関わっていきたいと思います。
2022年8月29日(月)
年少組の子ども達が、活動で片栗粉に触れていました。
片栗粉は、小麦粉などと違う独特な手触りがあります。

水を入れる前は、サラサラとしており、握るとキュキュと不思議な感覚です。子ども達は、顔につけて見たり、一か所に集めて見たりと、それぞれの楽しみ方をしているようでした。

水を加える前の片栗粉の感覚を十分に楽しんだ後は、お水を加えていきます。すると、今度はトロトロになり、手の中で集めていても、スルスルと手からこぼれおちることに楽しさを感じている様子がありました。

五感をたくさん働かせるために、色々な素材に触れることも、遊びだけではなく活動の中でも設定し取り組んでいきたいと思います。。
2022年8月26日(金)
皆様お久しぶりです。まだまだ、新型コロナウィルスが終息せず、感染対策にも工夫が必要な夏となりましたが、夏休みは楽しく過ごせましたでしょうか。

本日より、夏期保育が始まりました。
約1か月ぶりにクラスの仲間たちと顔を合わせた子ども達。
最初はちょっとドキドキ、表情がかたかった子ども達も、1学期に遊んだ遊びを思い出しながら、少しずつ心を解していく姿がありました。

1か月の時を経て、幼稚園の新園舎建て替え工事が進んでいる様子に興味心身で可動遊具の上に乗って覗き込む子ども達の姿もありました。

帰りの集まりでは、夏休みの思い出を発表し合ったり、久しぶりに保育者の読み聞かせを楽しんだりと穏やかに過ごせていたようです。

2学期も園庭の狭さなど、制限はありますが、子ども達が豊かな経験をしていけるよう、職員一同工夫しながら日々の遊びや活動、行事の工夫をしてまいります。神明幼稚園の教育活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
本格的にひよこ棟の解体工事が始まりました。
子ども達は日替わりで工事現場に入ってくる大きな重機に興味深々です。

解体工事現場の範囲内にあった砂場と鶏小屋もお引越しをしました。
鶏小屋は、保安(はとバス運転担当)の田中先生が連日遅くまで幼稚園に残り、手作りで製作してくれました。幼稚園に来園の際には、鶏小屋にも注目いただけましたら幸いです。技術の光る仕上がりとなっております。
鶏小屋が、園舎の近くになった影響か、年少さんや年中さんも鶏に興味を示しています。鶏小屋の前に囲いを作って放し飼いにすると、各学年、抱っこできる子の姿も増えてきましたよ。

砂場は、男性保育者が中心となりながら、可動遊具で作った枠の中に、砂場から砂を引越してきました。ちょうど、猛暑が続いた時期の引越しとなり、連日汗だくになりながら、台車で何度も何度も往復し、今までの砂場の半分ほどの広さとなってしまいましたが、無事、引越し(仮)が出来ました。男性保育者S先生は、1日で2キロ程、体重を減量することが出来たようです。(現在は元に戻ったそうです)引越した砂場も、園舎から近いせいか、連日、多くの子ども達が利用してくれています。

少しづつ、工事に伴う環境の変化はありますが、子ども達の遊び・学びが充実していくよう、職員一同、環境整備と連携に工夫を凝らして参ります。
2022年7月12日(火)
園庭に「ジージー」とセミの鳴き声も聞こえてくるようになってきました。※まだ、微かに聞こえてくる程度ですが。

セミの鳴き声に気が付いたYくんが「セミの声が聞こえてきた!セミをつかまえたい!そうだ!木に登ろう!」そう言うと、園庭の端の木を頑張って登ろうとします。木を手で掴み、足を引っかけますが、木が太すぎてズリズリと落ちてしまいます。

Y君「あれー?わかった木が太すぎるんだ!細い木を探そう!」

園庭の細めの木を見つけると、また、がんばって木登りを始めますが、やはりうまく登れません。セミの声ははるか遠くから聞こえてきます。

Y君「もっと、登りやすい木を探さなきゃ。裏山ならセミ、いるかな?」そういうと、また、セミを探して裏山へと出かけていきました。

この時期は、セミが木の高いところで暮らしているため、なかなかつかまえることが出来ません。それでも「セミの存在に思いを馳せ、”どうやったらつかまえられるか”を自ら考える姿」は、幼稚園教育要領に示された「幼児期の終わりのまでに育ってほしい10の姿」の「(2)自立心」「(6)思考力の芽生え」「(7)自然との関わり・生命尊重」に該当する姿であるように感じます。

園庭を歩いていると、こうした子ども達の挑戦する姿に所々で出会うことが出来、「子どもの遊びっていいな」と改めて感じます。
今年度の花火は、本当に華やかでした。
花火が上がるたびに「おぉー!」と歓声あがる中、「こわーい!」と抱き合う二人の姿がありました。顔を覗き込んでみると、二人とも良い表情(笑顔)です。こわいような、ワクワクするような。その心の動きもまた、特別な時間である証です。やはり、花火はいいですね。風情があります。

幼稚園で待機していた保育者も、大活躍の一日でした。
ひよこ教室・年中、年少さんの子どもランド担当・豚汁づくり・キャンプファイヤーの進行役と、各持ち場が幼稚園の教育活動を支え、保育が運営されていきます。

キャンプファイヤーを大いに盛り上げてくれたのが”昭和シスターズ”。
司会進行から、歌・踊りの盛り上げ役まで、キャンプファイヤーの楽しい雰囲気をより加速させてくださいました。

花火後、キャンプファイヤーが終わる際には、「私たちは、今日から普通の先生に戻ります」とゆっくりと鼻眼鏡を地面におろし、山口百恵の引退コンサートを彷彿とさせる締めくくりで、会場を最後まで盛り上げてくださいました。(保育者は「やめないでー!」とコンサートさながらの盛り上がりでした)

もちろん、子ども達が楽しくなくてはいけませんが、保育者集団も楽しんで取り組む姿は、子ども達に良い影響を与えるのではないかと、私は感じています。
子どもも大人も、楽しい保育現場でありたいと私は思います。
川遊びから幼稚園に帰ってくると、お留守番組の保育者たちが美味しい豚汁を作って待っていてくれました。

おにぎり弁当と、豚汁を教室で食べ、いよいよ、キャンプファイヤーです。

事前に教えてもらった火の神様を呼ぶための呪文「ハイズバ・ズンバ・ズンバヤ!」の掛け声と、動作をすると、理事長先生が火の神様から火をもらってきてくれました。

今年度も、各クラス、教室で話しあい「クラスでもらいたい火の名前」を考えました。
つき組は「1ばんがんばるやさしい火 ~のんびりするよ~」
にじ組は「最後まで諦めないで みんなで力を合わせて 頑張る力(火)」
そら組は「みんながあきらめないで がんばる やさしい火」

理事長先生が火の神様から貰った火を、各クラスの担任が再度もらいに行き、各クラス考えた火を貰うことが出来ました。

各担任からファイヤーストームに火をつけ、全員で「燃えろよ燃えろ」を歌うと勢いよく燃え始めます。
「南のしまの ハメハメハ大王」を歌い、「タタロチカ」を踊りました。
火の周りで、唄ったり、踊ったりすることで、大人も子どもも熱量がどんどん上昇していきました。

最後は、保安の先生が花火をあげてくださいました。今年度は特別に、いつもよりも多い数の花火をあげてくださいました。子どもたちは、花火が上がるたびに、歓声をあげ、年長だけの特別な時間が過ごせている様子でした。

年長さんは、一つ一つの行事を経験していく中で、より年長さんらしくなっていってくれたらいいなと思います。
保護者の皆様、送迎やお弁当作りなど、ご協力いただきましてありがとうございました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien