2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2022年6月10日(金)
子どもたちのごっこ遊びを見いていると、色々なイメージをもって楽しんでいることがわかります。

年中組のHちゃんは、朝登園すると直ぐに砂場で忙しそうに料理を始めました。20分ほど料理を続けると、クラスの友だちも登園してきて、Hちゃんの料理に加わっていきました。(私は遠くからその遊びを観察)

10分ほどした後に、その遊びの近くに行って会話を聞いてみると、「お母さん、ごはんちょうだい!」「お父さん、お仕事頑張ってね!」などと聞こえてきます。

子どもたちに聞いてみました。

私「今Hちゃんがお母さんで、Y君がお父さんなの?」

Hちゃん「私がお母さんでね、Y君はお兄ちゃんだよ。T君がお父さんで、Sちゃんもお父さんなんだ。Sちゃんは腰が痛いお父さんなんだよ。Mちゃんはねぇ、何役か聞いてないからわからない。Mちゃん、何役やる?」

Hちゃんが詳細を教えてくれました。10分間の間に、動作と平行しながら役割を決めて遊ぶ姿に、高度な対話能力を感じるのでした。

今回の子どもたちは、うまくやり取りをした結果、役割が決まりましたが、普段この時期の子どもたちは、ここまでやり取りがスムーズには行われずに、言い合いになったり、お互いが主張するだけで、結果的に遊びが解散していく事の方が大半です。近くで見ている大人は、ひやひやしたり、じれったく感じたりしますが、そうした経験をたくさん積む中で、対話の必要性を感じ取っていくのが、この時期の子どもたちにとっては大切なことであると私は感じています。

年長の女の子たちが、プリキュアごっこをしていました。

Kちゃん「私はツキ!」
Mちゃん「私はソラ!」
Aちゃん「私はニジ!」
(3人でポーズを決める)
私「おお!かっこいい!」
Kちゃん「私は、足が速いの!」(走って見せる)
Mちゃん「私はジャンプが得意よ!」(ジャンプで前に進む)
Aちゃん「私は走るのが苦手なの!」(わざと走るのが下手な動きをする)
私「走るの苦手なの?」
Aちゃん「走るのが嫌いってこと!」
Kちゃん「私は得意ってこと!」
私「なるほど!」
Mちゃん「私は、変身すると3リーナって名前になるの」
Kちゃん「私が2リーナよ」
Aちゃん「私は1リーナなの!あなたは敵よ!怪人!やっつけるわよ!」
私「はっはっは。出たな。プリキュア。私に勝てるとでも思っているのか!」
(しばらく、追いかけあったり、戦うフリを続ける)
Mちゃん「ねぇ!私たちがタッチしたらちゃんと負けてね!?いい!?」
3人「いくわよー!ターーーッチ!」
私「うわー!!やられたー!」
Aちゃん「先生!怪人やってくれてありがとう!」
Kちゃん「次の怪人を探しに行くわよ」
3人は走って出かけていきました。
3人のプリキュアは、次は園長先生をつかまえて「怪人になってくれない?」と交渉していました。

年長さんになると、自分の役の設定をより詳細に決め(登場人物は多分オリジナルで考えたと思われる)、ストーリー性を持った遊びを楽しむようになるのだなと感じました。一見幼く見える遊びにも、その年齢なりの子どもたち同士のやりとりがあることが上記の遊びからも見ることが出来ました。
2022年6月8日(水)
みんなの広場にアジサイの花が咲きました。
青や紫の花が、昨日降った雨の水滴に濡れてきらきらと光り、より綺麗に見えます。

子どもたちもアジサイの花に興味を示しました。

私「アジサイのお花がきれいに咲いているね」
年少Mちゃん「このお花ね、取っちゃいけないんだよ」
年中F君「このお花、なんで取っちゃいけないか知ってる?」
私「え!?綺麗に咲いているからかな?」
年中F君「アジサイはねぇ、カタツムリが雨宿りする時に必要なんだよ」
年少Mちゃん「え!?カタツムリ?」
年中F君「ほら見て!ここ穴あいているでしょ。これはね、カタツムリが食べたあとだよ。きっと」
年少Mちゃん「へぇー。」
私「本当に、カタツムリがここら辺にいるのかもねー。」

F君の「カタツムリの為に、アジサイはとっておこう」という趣旨に、Mちゃんも、妙に納得した様子で、アジサイの近くに他の子が来るたびに、「このアジサイは取らないでくださーい!」とアジサイの保護活動に勤しむMちゃんの姿がありました。
年長つき組のM君が登園してくると直ぐに「先生!砂場で排水溝作ろう!」と声をかけてくれました。「排水溝!?」と私。「うん。排水溝。」とM君。

どのように排水溝を作るのか、興味津々でついていくと、砂場の樋を持ってきて、砂場の机に乗せて、排水溝に見立てました。途中から同じクラスのS君も「いーれーて!」とやってきて仲間に加わります。机に樋を乗せた時、M君は机の木に節の穴があることに気が付きました。

M君「先生!この穴に水が来るようにしたら、下水道に繋がるよ」(机の下に大きな樋を持ってきて、節穴から樋に流れるように組んでいくM君)
私「すごいことを思いついたね!大発見じゃないか!!」
(S君が水を流してみると、下水道に見立てた樋まで水が流れる)
M君「そうだ!こっちがトイレってことで、トイレから水を流して、下水道までいくんだよ」
私「本当にトイレと同じ!トイレから流れて、下水道に行くんだんだね!」

S君は、手際よく樋に水を水を流していきます。水が樋を通て、下水道に見立てた部分に到達するたびに歓声があがります。

子ども達は、生活で知り得た知識を屈指しながら、様々なものを見立てに使い、より遊びが楽しめるように工夫している姿があります。机の節穴に着目して、イメージを広げた姿、私も作業を手伝いつつ、M君、S君のやりとりにすっかり感心させられてしまいました。
2022年6月1日(水)
新型コロナウィルスの感染拡大予防の為、しばらくの間、プール活動を行ってきませんでしたが、今年度より、プールを再開いたします。職員も、ケガや事故が無いよう気を引き締めて指導にあたって参ります。先日はプールを安全に行うために、職員向けに体操の先生よりプール時の留意事項についてご指導もいただきました。

本日のプール開きでは、プールの安全を願ってお祓いを行っていただきました。安全に留意しつつ、子どもたちが水の気持ちよさを全身で感じられるよう、楽しく取り組んでいきたいと思います。

プール開きの椅子の準備等は年長組の子どもたちが率先して取り組んでくれました。
にじ組(年長)Y君、G君「先生たちはなにもしなくていいよ!俺たちで全部やるから!」と頼もしい言葉も聞かれました。日に日に、”年長らしさ”も見られるようになってきていますよ。

今日は、さっそく年少さんが、ひざ下程度の水をためて、プールの中でジャブジャブと楽しんでいました。初めてのプールに緊張感もあったようですが、入ってみると楽しそうに過ごす姿がありましたよ。
年中組が本日、遠足で行く予定だった”東村山中央公園”へ園バスで送迎してもらい、行ってきました。本日は天気がよく、広場は直射の日光が強いことを考慮して、”野鳥の森”で予定よりも多くの時間を過ごしました。

”野鳥の森”では、トチノキから落ちた実を拾ったり、クヌギのドングリを拾ったりと、木々から刺激を受けたり、”野鳥の森”というだけのことはあり、様々な種類の鳥たちの囀りが聞こえ、鳥の囀りに耳を澄まして聞いてみたりと、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
途中の池では、オタマジャクシから変態したばかりのカエルが1000匹近く暮らしており、カエルの大群に興味を示していました。

道の途中に大きなカエルが干からびて亡くなっているのも見つけました。
「きっと、暑すぎて池に行くのに間に合わなかったんだな」と状況を冷静に分析する子どもたちの姿がありました。

広場にシートを広げて、外でお弁当給食を食べ、遊具で遊び幼稚園に帰ってきました。
遠足は中止となってしまいましたが、遠足で経験する予定だった行程は行うことができました。

暑い中でしたが、よく頑張って歩いている姿がありました。本日は、帰りましたら、ゆっくり身体を休めて下さいね。
2022年5月27日(金)
本日予定していた、年少組の遠足は、雨天の為に中止となりました。
本日は、遠足と同じ準備で登園をしていただき、いつもとは違う荷物をもって登園してきた年少組さん。遠足を楽しみにしていた子どもも多く、子どもたちにとって楽しい一日となるよう、保育者がお楽しみを企画しました。

最初に年少組全員がホールに集まり、年少組担任たちの「大きなカブ」の劇を見ました。
普段、慣れ親しんだ担任の保育者がお話の世界の登場人物になっていることに興味津々の子どもたちでした。毎週金曜日に来ていただいている体操の先生が”大きなカブ”役を演じてくださり、最後に”大きなカブ”が抜けた時には、子どもたちから歓声もあがっていましたよ。

ホールで劇を観た後は、バスに乗ってドライブです。普段、徒歩で登降園をしているお子さんは、憧れのバスに乗れることが嬉しい様子でした。普段乗っているお子さんも、勝手知ったる様子で、”クラスの友だちと一緒にのれる”ことを喜ぶ姿がありました。

本日、遠足には行けませんでしたが、機会を見て保育中にお散歩に出かけられるよう、計画したいと思います。

リュックやお弁当など、遠足の準備をしていただき、ありがとうございました。
2022年5月25日(水)
園内で虫を探してる子どもたちの会話を聞いていると、子どもたちが世界をどのように理解し受け止めているのかが垣間見える時があります。
本日のブログでは、最近出会った子どもたちの会話を紹介したいと思います。

園庭で、年少のE君がダンゴムシを一生懸命に集め、カップの底がダンゴムシで黒く見えるほどの数が集まっていました。

E君「ダンゴムシ、いーっぱいつかまえたい!でっけーやつ!もっと、いっぱい、いっぱい、いっぱい、いーっぱい!!」
私「本当にたくさんつかまえているね」
E君「わらじ虫は、すぐに死んじゃうんだよ。ダンゴムシも死ぬと血が出るよ。」
私「ダンゴムシも死ぬと血が出るの!?」
E君「優しくしたら死なないよ」
私「優しく!?」
E君「やさしく触ると死なない。つよく触ると死んじゃう」
私「そうか。優しく持てば死なないのか」
E君「この中に、オスとメスがいるよ」
私「わかるの!?」
E君「色が違うんだよ。ダンゴムシ、もじもじ歩いているねー」
私「本当だ!もじもじ歩いているねー!」

年少さんなりに、生き物を観察し、その世界を受け止めようとしています。

みんなの広場で、虫かごを大切に抱えて歩く年中MちゃんとN君。私が何が入っているの?と聞くと教えてくれた時の言葉です。

Mちゃん「蝶々が死んじゃった・・・小さい蝶々だったんだよ」
N君「今ね埋めてあげたんだ。埋めるとね、幼虫になるんだよ。」(虫かごの中に土が入っており、その中に死んでしまった蝶々が入っている様子)
Mちゃん「もっときれいな蝶々になるんだよね」

年中になると、生き物に思いを馳せながら、想像を広げていく様子も見られます。

みんなの広場で、虫探しをしていた年長のS君。テントウムシを探していました。

S君「野菜の畑でてんとう虫を見つけた!」
私「本当だね!」
S君(カップの中に枝が入っている状態を見せてくれる)「てんとう虫はね、上に登りたがるんだよ。だから、登りやすい場所を作ってあげないといけないんだよ」
私「じゃあ、もっと登れる入れ物探してみる?」
S君「うん!ペットボトルがいいんじゃない!?」
私「ペットボトルなら職員室にあると思うよ!」
S君「うん!ペットボトルに入れてみる!」

ペットボトルに入れると、てんとう虫は本当に上まで登っていき、蓋の付近に留まりました。
透明のペットボトルからてんとう虫を覗いてみると、お腹が黄色いことに気が付きました。

S君「お腹が黄色いから、たぶん、捕まえる前に相手(敵)がいて苦い汁出したんだな」

てんとう虫の生態を本当によく理解しているS君です。
そんなやり取りをしながら、歩いていると、蝶々(シジミチョウ)を手で捕まえた年中さんがいました。それを見たS君が声を掛けます。

S君「蝶々はね、リンプンが取れると跳べなくなっちゃうから、手では持たない方がいいよ」

すると、年中さんが急いで手を放しましたが、蝶々(シジミチョウ)はすっかり弱って、飛べなくなってしまい、地面に横たわってしまいました。
”弱ってしまった原因”もよくわかったことで、年中さんにとっても目の前の蝶々の状況を受け止めている様子でした。

年長になると、その対象物に対する理解もより深まっていることがわかります。

同じ虫探しでも、年少→年中→年長と、学年が上がるにつれて、生き物の捉え方が具体的になっている印象を受けました。
虫探しが好きな子は、3年間、この時期になると虫探しに熱中します。同じ遊びをしているように見えても、3年間の積み重ねが着実になされていることが、子どもたちの姿からも読み取れます。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien