2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2019年10月11日(金)
 10月5日(土)、雲ひとつない秋空の元、早朝から大勢のご来賓・ご家族にお越しいただき、第56回親子運動会がもたれました。園児達は競技やダンス・応援の練習も重ね、今日を楽しみにしてきました。年少さんは初めての運動会、自分のことで精一杯(?)で、なかなか周囲まで見えません。年中さんは一年間の大きな成長を感じました。年長さんは出場種目が多いだけではありません。随所に出番があります。最高学年のきびきびした姿を見せてくれました。圧巻の「全員リレー」。自分の力をフルに出すこと・仲間にしっかりバトンを渡すことに集中して、見事でした。
ご家族皆様の熱烈なご声援は、何よりの「がんばりの力」になりました。それだけでなく、幼稚園ならではの「親子競技」、こども達はとっても嬉しかったことと思います。ありがとうございました。お疲れ様でした。
幼稚園としての振り返りの視点は、「こども達の主体性と多様性が活きた運動会にどれ程接近できたか」です。
運動会は終わりましたが、共に体験で育ってきたものは、これからの保育の随所に見られてくるものと思います。                        
                              園長
2019年9月13日(金)
 今、地元の中学生5名が「職場体験」に来ています。園児には大きいお兄さんお姉さんということで、職員や実習生とは違った人気があります。中学生の方も「遊び大好き」で本気で遊んでくれます。写真は砂場での大きな山作り。幼稚園児の「日常性」を超えたスケールの大きい遊びは、こどもの遊び発想に良い刺激になるようです。      園長 
 秋風が吹き始めました。6月4日のプール開きから、夏休みの預かり保育や園庭開放でも、事故なく大いに楽しませてくれた「大型プール」を、9月6日片付けました。日中は真夏日の日もあるので、代わりに「中型プール」を出して、ダイナミックなウォータースライダーに大喜び。こども達の育ちに太陽・土そして水は欠かせないのだなと改めて感じます。                        
                              園長 
 9月7日、神明宮の御鎮座を祝っての「こどもまつり」が催されました。この行事は、神明の神様にお守りいただいている神明幼稚園ならではの行事です。お天気には恵まれましたが残暑が厳しく、沿道に出るので熱中症にも気をつけてのお祭りでした。でも園児たちは「気合い」が入って「ワッショイ ワッショイ!」と元気よく、鉄杖10人・太鼓1台・たるみこし3基・こども御輿4基・万灯船「神明丸」1台の行列で、400メートル程の距離を往復しました。神様はきっとお喜びになられたことでしょう。
 小平警察の警察官2名、おまつり係りの役員さん、おやじの会のお父さんなど大勢が安全のため警護してくださいました。お疲れ様でした。ありがとうございました。                        
                              園長 
2019年9月10日(火)
 9月2日、夏期保育も終り、2学期の始業式です。長く暑かった夏休み、各ご家庭ではお子さん方の幼児期の体験を考えて、色々工夫した計画を実行して下さった事と存じます。篤く御礼申し上げます。
さて1学期、新入の年少さんは勿論ですが、年中・長さんも新たな環境でのスタートをしました。新たな学年での1学期の保育を経て、個々それぞれなりに、「変化した環境」を受容していく上での「トラブル」を越えてきました。五感で感じる度合いは個々違いますので、「目前の越えるべきハードルの高さ」も個々異なっていたと思います。年少さんも、クラスで群れ遊ぶ光景があちこちで見られるようになり、「幼稚園は楽しい!」といった1学期の体験になってくれたらと思います。
 2学期のクラス環境は1学期と同じですので、諸行事・諸体験を通じて、より内的に豊かな係わり合いが展開することと思います。一定期間かけて取り組む行事も出てきますので、「仲間とくぐっていく」ことを通じての影響のしあい=成長が楽しみです。                     園長 
2019年9月10日(火)
 夏休みの終わりの頃、毎年「卒園同窓会」を行っています。参加申し込みの大半は1・2年生ですが、3~6年生で参加してくださる卒園児も多くいて、毎年同じ場所でどうなのか?、バス代等費用もかかる---ということで、今年は別の企画をたてました。
①1・2年生は観光バスを使って国立武蔵丘陵森林公園か、雨天の場合はマクセルアクアパーク品川に行く
②3~6年生は幼稚園を会場に、カレー作り・参加者交流・お楽しみイベントをする
 いよいよ8月23日(金)当日、あいにくの雨天の天気予報でしたので、1・2年生148名は観光バス3台でマクセルアクアパーク品川に出発しました。
 写真はホールに集まった3~6年生で、83名も参加してくれました。幼稚園での企画は今年が初めてでしたので、「足りなくてはいけない」とカレーを多く作り過ぎました(笑い)。
体育館ホールでのゲーム、プールや園庭も広く使って、大型の水鉄砲や水風船を使って豪快な水遊び、すいか割りゲームなど、「気持ちは幼稚園時代に戻って」思いっきり遊ぶひと時を過ごせたのではないかと思います。来年2回目は今回の反省の上に、より楽しい企画に工夫します。来年の3~6年生、大勢参加してくださいね!!。                           園長
 夏休みに入ったばかりの21日(日)、神明おやじの会の年間恒例行事である「流しソーメン」がおこなわれました。裏山から太い孟宗竹(もうそうちく)を2本切り出しました。ソーメン流しのレーンを作るために1本を真っ二つに裂きます。ここがひとつの見せ所です。丁寧に節を削って、長い2本のレーンを作りました。もう1本の竹からは、ソーメンを食べる食器や箸を作ります。「○年目」のお父さん達は手馴れたもの。初めてのお父さん方も加わり、伝統が引き継がれます。
 当日は、流しソーメンのほかにも、バーベキュー、プール遊び、すいか割りもあって、お母さんや小学校のお兄さんお姉さんも含めて、ご家族みんなの交流も出来て、楽しい一日だったようです。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien