1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
小平神明宮のお末社の「八雲神社」のお祭りに合せて、コロナ禍の鎮静と鎮圧を切に願った「提灯」が沢山奉納され、19日から点灯が始まりました。夕闇になってから点灯、20時には消灯するようにいたします。
お祭は緊急事態宣言が発出されたなかでもたれますので、トラックの荷台に御神輿をお載せして氏子区域をまわります。
19日は4月の「誕生会」。今年は誕生児のお家の方を1名お招きして、年中さん・年長さんは学年ごとにホールで、年少さんはクラスごとにお祝いの会を持ちました。
誕生児とお家の方と、神明宮のご拝殿に上がらせていただいて、1歳大きくなったことを神主さんに神様にご報告していただく「誕生奉告祭」が復活しました。
2021年4月19日(月)
16日(金)、今日から給食が始まりました。クラスでお友達と一緒に食べるのは初めてです。新入園の年少さんも予想以上に落ち着いて、給食の支度も出来ていたようです。
幼稚園で過ごす時間が長くなって心身の疲れもたまったり、個人面談期間の午前保育~ゴールデンウィークの連休と続きますので、例年、「お母さんに合いたい!」「幼稚園に行きたくない!」と「逆戻り」も出てくる時期になります。こども達のペースに合わせた丁寧な保育が求められます。こうした時期をしっかり乗り越えて、逞しく成長していくのだと思います。
保育が始まりましたが、三日間は「クラス懇談会」があるため午前保育です。今のところ「泣く子」はほとんどいません。ペアクラスの年長さんに手をつないでもらって、一年間の無事故安全と楽しい幼稚園をお願いして、神明様に「神社参拝」をしました。
16日(金)から給食が始まります
4月9日「第58回入園宣誓式」が、年少さん2クラスごと3回に分けて、保護者の方2名迄のご参列で行われました。お家で「幼稚園の始まりの大切な式」ということを話してくださっていたのでしょうか、3歳さんなりに適度な緊張感をもって、とても素敵に出来ました。
12日からは全園児登園の保育が始まっています。全教職員一層気を引き締めて、可能な事は最大限の工夫をして、安全で楽しい毎日にしてまいります。
2021年4月15日(木)
4月8日、令和3年度の「進級式」。いよいよ幼稚園の始まりです。思い起こせば昨年は、4月7日に七都府県に「緊急事態宣言」が出され、6月の「分散登園」まで、幼稚園や学校も開始することが出来ませんでした。苦肉の策で、幼稚園からご家庭に「ユーチューブ配信」をすることで、何とか繋がりを作りました。その悔しい経験から、今年は次年度のクラス分けは前もって伝え、園児のみクラスごとの進級・始業式を行いました。翌日は入園式、12日から全園児登園が始まりました。
写真は、道の傍に咲くタチツボスミレです。林野の開発で見かける株数はずいぶん少なくなっていますが、「足のいかない安全な所」には、おとなしい派手さの無い色で毎年花を咲かせて、春の訪れを教えてくれます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien