3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2022年5月23日(月)
先週の金曜日の早朝。ひよこ組担当職員が、興奮気味で出勤してきました。リュックも下さず、園長先生、理事長先生に何かを報告してます。話を聞いてみると、以前、園庭で見つけた毛虫のような青虫を育てたら、きれいな蝶々(ツマグロヒョウモン)に羽化したというのです。

幼稚園の中で見つけた青虫。毛虫のような容姿で、何の知識もなかったら、子どもたちに「触ってはいけないよ」と声をかけてしまいそうな見た目です。

職員室は、早朝から盛り上がりを見せます。
「すごーい!よく育てたね」と園長。
早速、図鑑で調べ始める理事長。
「2週間近く蛹だったので、もうダメかもしれないって思っていたんですけど、蝶々になって良かった!」と感動一塩のひよこ組担当教員。

この蝶々、子どもと一緒に育てていたものではなく、ひよこ組の担当職員が、うめ組Kちゃんと園庭の花壇の付近で見つけたものを個人的な興味に基づいて育て始めたものでした。

最初は、職員玄関のげた箱の上に「○○先生(ひよこ担当職員の名前)のお友達」というテープの貼られた虫かごで飼育されていましたが、小さかった青虫が少しづつ大きくなり、蛹になり、ついには自分の家庭に持ち帰って大切に飼育をしていたそうです。

そして、ようやく蝶々になったのだそうです。蝶々への愛情はとても強いものとなっていました。しかし、一所懸命にカゴの中で飛ぼうとする蝶々。”小さな虫かごの中では可哀そう”ということで、逃がしてあげることにしました。
一緒に青虫を見つけたKちゃんと一緒に、園庭の青虫を捕まえた付近に逃がしに行きます。

ひよこ組担当保育者「ここで捕まえたから、ここら辺に逃がそうかな」
Kちゃん「黄色いお花の近くがいいんじゃない?」
ひよこ組担当保育者「黄色いお花の近くが喜ぶかなぁ」
Mちゃん「こっちの方が色々なお花が咲いてるよ」

ツマグロヒョウモンを介して、子どもたちとの会話も広がります。
虫かごを開けてみると、ツマグロヒョウモンはヒラヒラと飛び立ち、あっという間に手が届かないところまで飛んで行ってしましました。

愛情をかけた蝶々だったのでひよこ組保育者も、どこか寂し気でしたが、立派に成長したことを喜んでいました。

今回の飼育は”保育者がツマグロヒョウモンを育てる”という挑戦でしたが、近くにいる保育者が小さな命に思いを馳せ、熱中したり、探求する姿は子どもたちに良い影響を与えているのではないかと私は考えます。

私たち大人が、子どもたちに望む姿のモデルとして行動することはとても大切なことであるとで改めて感じた出来事でした。



お弁当を食べて、いざ下山!
実は、下山も見どころたくさん、歩く距離もそこそこあるのです。(約1時間)

下山の途中にある薬王院では、天狗にまつわるお面や銅像などの迫力に圧倒される子どもたちでした。”からす天狗”と”大天狗”の違いを見分け、特徴を説明する子どもの姿がありました。途中で、僧侶の方々がほら貝の笛などを吹いて歩く姿も見ることができました。

子どもたちが楽しみにしていた”天狗の腰掛杉”では、子どもたちが、「てんぐどの、てんぐどの、みてござるかね!」と叫ぶと、どこからか「うぉー--」と声が聞こえてきました。
「なんか聞こえた!」と子ども達。上を見上げて「わ!なんか今、気が揺れた気がする!」「天狗の影が見えた!」と子どもたちも現実と虚構の世界を繋げ合わせながら、想像の世界に心を動かす姿がありました。

つき組は、”天狗の好物である蜂蜜をあげたい”とクラスで話し合ってきたようで、ビン詰めの高級蜂蜜を天狗の腰掛杉にお供えしていましたよ。
※”瓶詰めでないといけない”というのがつき組の子どもたちのこだわりポイントだったようです。

その後は、「蛸杉」という”蛸の足”に根の部分が似ている杉の木で「かいうん、おたのん、もうしあげます」と、お祈りをし、ケーブルカーの駅まで歩いてきました。

ケーブルカーは、神明園児が多いこともあり、臨時便を運航してくださり、神明園児で貸し切りケーブルカーに乗せてもらうことができました。

ケーブルカーを降りて、バスまで向かう道中の会話↓
「俺たち、本当に高尾山登ったんだよな」
「そうだよ!帰ったらお母さんに、すごいでしょ!?っていおう。全体ビックリするよ」
「先生、高尾山、最後まで登れたの、本当にすごいと思わない?」

自分たちの力で最後まで歩けたこと。子どもたちにとっては、自信となる出来事となったようです。一つ一つの出来事を積み重ねながら、子どもたちが”自分たちって、結構やるじゃん”そんな気持ち(自尊感情)が芽生えていってくれたら嬉しいなと思います。

早朝の送りや、お弁当づくり等、急な時間変更等、各ご家庭にも多くのご理解とご協力をいただきました。ありがとうございました。子どもたちは、疲れが残っていると思いますので、週末はゆっくりと身体を休めていただけましたら幸いです。

各クラスの詳細は、各担任からのクラスだよりや、写真館さんの写真をお楽しみにしてください。取り急ぎ昨日のご報告とさせていただきます。


登山が始まると、チームごとに山を登っていきます。
クラスによってペースは様々で、どんどん先へと進んでいくチーム、ゆっくり山の中にあったものを観察しながら登っていくチームなど、各々の興味や体力に合わせて登山が進んでいました。

以前までは、夏の時期に登山をしてたこともあり体力がついてくる時期の登山でしたが、春の遠足での登山ということで、全員が山頂に到着したのは、例年よりも少し遅れての到着となりました。夏よりも若干混んでいましたが、気候は、春の方が安全に登れるなという印象でした※急なお迎え時間の変更にもご対応いただきありがとうございました。

つき組はチームで登山をしつつ、休憩ポイントではクラス全員が揃うタイミングもあり、励まし合いながらの登山となりました。

急な坂や、木の根っこ、岩場など、普段は中々歩かないような場所も、身体のバランスを使いながら、登り進めていました。

途中で出会う登山客の方から「何歳ですか?」「年長さんでここを登れるなんてすごいね」「あとちょっと!がんばれ!」「私たちも負けてられないなぁ!」と励ましや、お褒めの言葉をいただきました。
保育者が「ご迷惑おかけしております」と声をかけると、「私たちも、これから、この子たちにお世話になる世代だからなぁ。はっはっはっ」と明るく声をかけてくださり、子どもたちにも優しい雰囲気の場となっており、大変ありがたかったです。

山頂付近には、浅い川を石伝いに登っていく”跳び石”、山頂を一気に目指す気が遠くなるような階段があります。子どもたちは、疲れから弱音を言う姿もありましたが、何とか最後まで登りきることができました。

登山後は、疲労感を滲ませつつも、最後まで登りきれたことに対する自信に満ちた表情が印象的でした。登山後は、待ちに待ったお弁当!山頂にシートを敷いてのお弁当は、本当に嬉しそうでしたよ。

下山編へ続く
駐車場にバスを停め、いざ、登山に出発です。

登山道入り口までは、クラスのみんなで並んで歩いていきました。途中で手洗いを済ませ、お土産屋さんを横切って登山道まで歩きます。お土産屋さんには誘惑がいっぱいです。
「おやついいなー」「あのアイスが食べたい」「もう頂上?」「お弁当食べたくなってきた」

登山道に行く前から大丈夫かな!?と心配にもなりましたが、登山道入り口につくと、山道を目の前にやる気がみなぎってきたのか、「早く登りたい!!」と気持ちも盛り上がっている様子がありました。

遠足で登ったのは、「6号路」というコースです。
出発前にみんなで「えい!えい!おー!!」をして、各クラスチームに分かれて登山を始めました。
※私は、つき組のチームの仲間に入れてもらいました。

登山編2へ続く
年長組は5月19日(木)に高尾山へ遠足へ行って参りました。
観光バスを利用し、いつもより大きなバスに、ワクワクする子、不安に感じる子、様々な姿がありました。
お母さんに見送られながら園を出発いたしました。久しぶりの遠方への行事に職員もドキドキです。出発時に保護者の方と離れがたかった子どもたちも、バスに乗って少しすると気持ちが”遠足”へと向かっていく姿がありましたよ。

バスの中では、山登りを楽しみな子や、お弁当をすでに楽しみにしている子、天狗の話題を楽しむ子、「なんで山なんだ!遊園地へ行きたかったー!」という子など、バスの中の会話も聞いていて楽しいものがありました。

担任からは、高尾山の天狗についてのクイズなどをだしていただき、バスの時間は、登山に向けて体力を温存しつつ、楽しく過ごすことができていたようです。

約1時間30分の道のりを経て、高尾山に到着しました。

登山編へ続く
2022年5月18日(水)
明日は、いよいよ年長組の遠足です。
今年度より、春の遠足の内容を変更して高尾山に登ることとなりました。

春の遠足に向けて年長組の子どもたちは、ホールに集まって保育者の導入を聞いたり、クラスの集まりで天狗の生態について話をしたり、遊びの時間に天狗の修業を模倣して修業ごっこをしたりと、一つの行事を中心の話題としながら、生活全体が遠足に向かって動いている様子がありました。

クラス替えをして間もない子どもたちにとって共通の話題があることで、クラスの友だちのことも知っていくキッカケとなったのではいないでしょうか。

明日は良い天気になるようです。安全に留意し、遠足を楽しんできたいと思います。
年長組の保護者の皆様。明日は登園時間が早い時間となりますが、送迎、お弁当の準備をよろしくお願いいたします。
2022年5月16日(月)
先週末に、みんなの広場の用水路の水が止まり、年に1度の”沼さらい”を保安の先生が行ってくださいました。
沼をさらってくださった結果、用水路がきれいになったのはもちろんの事、水が止まったことで行き場を失ったザリガニやドジョウがたくさん捕獲されました。

捕獲されたザリガニやドジョウは子どもたちも触れられるようにと保安の先生が園庭の机にタライに入れておいてくださいました。

登園してきてすぐにドジョウの存在に気づいた年少の子どもたちが、興味を示しました。
Y君「先生!これ何?」
私「ドジョウって言うんだよ。触るとヌルヌルしてるんだよ」
Y君「触っていいの?」
私「大丈夫だよ」(私が触って見せる)
Y君(触ってみて)「わー!触れた!ヌルヌルしてる!」
私「ドジョウは捕まえるのが大変なんだよー」
Y君(慎重に、慎重に手をお皿にしてドジョウをすくいあげる)「捕れた!」
Y君(その後、すぐにツルっと手からすり抜け地面に落ちる)「逃げた!」
ドジョウが地面でピチピチと生きのよい様子で跳ね回ります。
私「大変だ!助けてあげないと!」
Y君「Y、ドジョウ持てるから!見てて!」

地面をはねるドジョウは中々捕まえることができず、その後、周りの子にも協力してもらって捕獲することができていました。

ドジョウの命を考えたら、いじったりせずに観察をするだけにしてあげた方がいいのかもしれません。しかし、幼児期の子どもたちは”具体的な体験”を通して、ヌルヌルとした触感や、ちょっとした生臭さ、生きているからこその動きに触れ、自然界の多様さや、”命に触れる”ことを経験しています。
自然物の存在に感謝しつつ、子どもたちが触れたことで何を感じているのか、保育者も丁寧に受け止めていきたいと思います。

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien