3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021年12月16日(木)
年長組がお餅つきを行いました。年長の子ども達が、本物の杵を使ってお餅をつきました。

本物の臼と杵はとても重く、杵の重さに身体がとられ、身体が反ってしまう姿もありましたが、お餅をついていくうちにうまく杵をコントロールしてお餅をついていく姿がありましたよ。年中さん・年少さんも応援に来てくれて「よいしょ―!よいしょー!」と元気な声が園庭に響いていました。

最初はお米の状態だったものが、こねたり、ついたりしていく中でお餅になっていく過程をみる事が出来ました。保育者が臼からお餅を持ち上げると、お餅がよく伸び、ちぎれない様子に子ども達は歓声をあげていました。

ついた餅を食べることはできませんでしたが、神様にお供えする鏡餅を年長組の各クラスが作りました。
日本の文化を知る行事も、可能な範囲で経験できるよう幼稚園も工夫していきたいと考えています。

2021年12月15日(水)
今日は、ひよこ組(未就園クラス)のお友達が、裏山に遊びに来ていました。
ひよこ担当保育者と一緒に冬眠に入っていたダンゴムシを見つけました。
冬眠していたダンゴムシが太陽を浴びて、モゾモゾと動き始めると「起きたー!」と嬉しそうです。

「他にもいないかなー?」と探していきます。ひよこ担当保育者は、何となくコンクリートの近くの土の中にいる事を知っているので、コンクリートの壁の方へ行って「ここらへん、掘ってみない?」と声を掛けます。

すると、一人の子が「ここ掘ろうよ!」と言って、壁からは離れた落ち葉の山の中を掘り進めようとします。”絶対にここを掘って探したい”といった様子があり、ひよこ担当の保育者が思わず「なんで、ここがいいなって思ったの?」と尋ねると、「○○はここが好きだから!」と教えてくれました。

ひよこ組は2歳、3歳のお友達のクラスですが、その年齢でも”自分が好きだから、ダンゴムシも好きだろう”という思考が良く働いていることが分かります。自分の思いを対象物にも投影して考える事が出来るのは、”共感力の芽生え”であると感じました。こうした、経験をたくさん保障できる幼稚園でありたいなと思います。

年齢を問わず子ども達は、有能な学び手であることを、ひよこ組のお友達から改めて学ばせてもらうことが出来ました!

2021年12月14日(火)
本日、年長組の動物園を全クラスが開催することが出来ました。
全クラス、ホールをしようしてペアクラスの年中さん・年少さんを招待しての開催となりました。

どのクラスも仲間とつくった動物をホールに並べると、本物の動物園さながらのダイナミックな空間が展開されていました。

年長の子ども達は、自分たちが作った動物のコーナーでお客さんを楽しませるための接客やお客の呼び込みをするのと並行して、動物園のチケットを受け取る係や、スタンプラリーのスタンプ係、お土産を渡す係など一人一人が役割を持ちながらクラスで一つの動物園を成立させるために動く姿がありました。
2021年12月13日(月)
園庭の年少さんの遊びに注目してみてみると、2学期のはじめの頃と遊びの姿が随分と変わってきたなと感じます。

園庭の端っこで”ままごと”をするこりす組さん。子ども同士でやり取りをしながら、落ち葉を食材に見立てて料理を楽しんでいました。しばらく料理に夢中になっていると、帰りの集まりの時間になってしまい保育者が呼びにきました。

保育者「もう集まりだよー」
Mちゃん「もう集まりだって!」
Sちゃん「まだ、ご飯食べていない!」
Mちゃん「そうだね!急いで食べよう!」
Sちゃん「いそげ!いそげ!」(食べる真似)
Mちゃん「いそげ!いそげ!」(食べる真似)
2人でケラケラと笑いながら、片付けを始めていました。

2人の中で、”お料理をして食べる”までをままごとの展開としてイメージをし、最後まで楽しむ姿が素敵でした。

また、園庭の中央では、年少こねこ組の子ども達が”鬼ごっこ”を楽しんでいました。
年少さんも少しづつ、ルールのある遊びを小集団で楽しむ姿が見られるようになってきています。まだまだ、ルールには曖昧な部分を残しつつも、”鬼”の役割と、”逃げる人”の役割が分かり、楽しまれていく姿には、日頃の経験の積み重ねを感じます。

まだまだ、”先生と一緒に!”という姿や、”逃げる人はやりたくない!”という姿に年少さんらしさも感じつつ、色々な遊びの楽しさを、経験を通して知っていく年少の子ども達です。
2021年12月9日(木)
年長組であそびの時間にマフラー作りに取り組んでいる子がいます。

マフラーを作っていく過程を見てみると、手が良く働いている事が分かります。子どもたちは、生活や遊びの中で、手を使うことを覚え、だんだん自由に働かせることが上手になっていきます。一度マフラー作りを始めると、子ども達はじっくりと時間をかけて取り組みます。作る遊びは”集中力”も必要とします。

2枚目の写真からもわかるように、年長さんが集中して作ったマフラーは、規則的に毛糸が織り込まれ、目がギュっと詰まっており美しさを感じます。

「先生見て!」と誇らしげに完成したマフラーを見せてくれました。

最初は、何でもないただの毛糸が、自分が手を加えたことによって”マフラー”という実用的な道具になることに手ごたえを感じているようです。

「既製品」を”与えられる”ことが日常の中であふれている現代だからこそ、”自ら求めたものを自分で作り出すこと楽しさと価値”を幼稚園の生活の中で感じる事が出来たらよいなと思います。
2021年12月7日(火)
 裏山に落ち葉を集めて作った新しい山は、毎日のように新しい落ち葉が足されていきます。そのため、地面はとてもフカフカで転んでも痛くありません。

 つき組の子ども達がやってきました。子ども達は一度、山に登ってフカフカであることを確認すると「相撲しよーぜ!」と声を掛け、押し合いが始まりました。

 落ち葉がなければ怪我をしてしまいそうなほど豪快に投げたり、押したりを楽しむ子ども達。押されて、山の下まで転げ落ちるのも楽しそうです。

 子ども達は、どうなったらケガをしたり、相手が嫌な思いをするかが分かっているのか、「二人で一緒に押すのはなしにしよう!」「服をつかむのはなしな!」「押す時は手はパーだけな!」とよく話し合いながら、相撲をしていました。

 その場(空間)の性質や、仲間との力加減や空気観が共有されているからこそ成立する遊びだなと、関心しながら見ていました。
年長組は、体操の時間に教えてもらったドッジボールが流行り始めています。
今年度の年長の男の子たちは、横のつながりの強い子が多く、園庭にドッチボールのコートの線を引くと、色々なクラスから子ども達が集まってきて、一緒にドッチボールを楽しむ姿が見られます。

そうした中で、「○○は、投げるのが強い!」「○○は、キャッチが上手い!」「○○は逃げるのが上手い」など、仲間の姿に気づいて声に出していく姿が見られています。

3学期には、クラス対抗でのドッチボール大会も開催されます。
お互いの上手さを認め合いつつ、クラスで勝つために、遊びの中で仕入れた情報をクラスに共有していく事もこれから始まっていきます。

遊びでの、ドッチボールを見るだけでも、学年の中で刺激し合う、年長組の横の繋がりを感じるのでした。
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien