3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020年4月6日(月)
桜の花はソメイヨシノから山桜や枝垂桜に移ってきました。幼稚園は本来なら、数日後にやってくる今年の始業式・入園式に向けての準備に忙しい、活気ある日々を迎えているはずなのですが、今年は全く趣を異にしています。新型コロナウィルスの感染の拡大を防止するため、9日進級式の後、5月6日まで臨時休園の予定です。「状況を見守りつつ当座の措置」ということですが、「元気な幼稚園の復活」はいつになることでしょう?。
休園の期間も、預かり保育「こどもらんど」は、臨時休園による新たなニーズにも対応して行います。
※ 発熱・咳・倦怠感などがある場合は、預かり保育・園庭開放利用などはお控えください。
※ 幼稚園に来られる前の検温・マスクの着用・こまめで丁寧な手洗いなどにご協力ください。
※ 事態の変化によっては、当面の措置の変更もあります。ホームページ等をご覧ください。

困難な事態ではありますが、ご家族皆々様のご健康と、一日も早く感染拡大が終息し幼稚園機能が平常通り復活することを切に願っております。
神明の教職員一同

手から手への感染力の強い病気が広まる機会を無くする意味から、バスから降りたこども達を迎える「おはようございます」の手タッチを止めて2週間になります。年長さんは卒園したら、「社会に通用する挨拶」が出来なくてはならない、そんな意味ももって挨拶の仕方の切り替えを始めました。しばらくは、私も子たちも度々手を出しそうになりました。ここ数日になって、止まって目を合わせて姿勢を正して「おはようございます」と会釈をする子たちが大半になってきました。言葉だけの挨拶でなく、「手タッチの心を込めて」しているつもりですが、伝わっているかな? 中には手タッチをしたい子もいます。軽く手タッチをしたり、服へのタッチにしたり、そこは柔軟にはしています。「接触」がイエローカードになっていますので、「4月からどのようにするかな?」は今考え中です。
2020年3月10日(火)
三学期も2週間足らずとなりました。本来ならばこの時期、落ち着いて悔いなく卒園児を送り出したいものですが、今年はそうはいかないようです。幼稚園は、保育園と同等に「子育て支援の役割」があるということで、全国一斉の休校(園)の対象からは外されましたが、年度末の、本来ならば楽しい様々な行事を中止したり、内容を大幅に縮小したりしました。
お母さま方からは「幼稚園が休園にならないでくれて、ほんとに助かる」と異口同音に言われ、そうしたことがこども達にも反映しているのでしょうか?これまで以上にはじけて楽しそうにしている様子を感じます。
学校が一斉休校になって、また様々な施設も閉鎖されて一週間、行き場がなくなったこども達が地域で遊ぶ声が聞こえ、皮肉なもので「地域にこども達が戻ってきた」感がして、こども達の生活の中に占めている学校や習い事の大きさを、今更ながらに感じます。
今は、何とか大過なく卒園・修了式を迎えたいものと切に願います。
 三学期も半ばにさしかかり、年少さんも多くが4歳の誕生日を迎えました。「初めての幼稚園」で、大きな個人差やそだちの幼さが目立ちましたが、様々な体験をくぐりながら「わたし自我」をしっかり育て、「わたしたち自我」も育ってきていることを感じます。言葉でのコミュニケーションも徐々に育ってきており、なかまと同じ所で遊ぶ「並行遊び」がよく見られます。
 写真は「可動遊具」での「お家ごっこ」。屋上でお日さま浴びて遊ぶ子、2階から覗く子たち。楽しさの共有体験とともに、目には見えないけれど「響きあう心」が育っているのです。
 2月3日、冬と春との季節の分かれ目=節分です。神明幼稚園では、こども達が自分で作った思い思いの鬼のお面を被って、豆撒きをしています。また、鬼の国からやってきた赤鬼・青鬼さんに、こども達の弱虫心や意地悪心など、悪いものも一緒に持っていってもらいます。
 明日は立春。地球温暖化の表れか、今年の冬は左程の寒さも無く、インフルエンザ・感染性胃腸炎などの流行もそれ程で無くきましたが、今後はどうでしょうか?。世間では「コロナウィルス」の蔓延が、今後の見通しも立たず、大きな関心になっていますが、幼稚園では年度最後の大きな活動「劇の会」もあり、卒園・進級も程なくですので、皆が健康に笑顔で日々を過ごせることを願ってやみません。
 1月17日、交通安全訓練を行いました。今回は小平警察の交通課のおまわりさんに来ていただいて、ホールで信号機の見方と横断歩道の正しい渡り方を教えていただきました。その後、年長さんは道路に実際に出て、歩道を歩いて、実際の信号を見て判断して、横断歩道を安全に速やかに渡る実地練習をしました。
 もうすぐ卒園・一年生です。小学校に入学すると、学校の配慮や地域の見守りもありますが、基本は「自分の身の安全は自分で守る力をつける」事です。

2020年2月6日(木)
 小平神明宮の「とんど焼き」が、1月19日(日)、幼稚園のグランドで行われました。暮から正月初詣にかけて神社に納められた古神札・御守・縁起物、神棚の注連縄、門松飾り、輪飾り等をお焚き上げします。神社としましては「とんど焼き」が終わると、納められ(お預かりしている)焼納物がようやく無くなり、ホット一安心します。
 この「とんど焼き」は、「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」などとも言われ、小正月の頃に行われる「お正月の神様送り」」の行事で、日本各地に様々な形で伝えられています。
 グランドの真ん中に「とんど」が作られ、周囲に古神札や注連縄・門松飾りなどがうず高く積み上げられ、真ん中に松玉と御幣が立てられました。神事の後、火打石で熾した忌み火が点火され、とんど全体が火に包まれました。風の無い穏やかな天気で、900人分ほど用意した「繭玉」も全部なくなりました。
 この「とんど焼き」は、①「神様事」に関係した可燃物に限る「規則」を守って、少量化に努めていただくご協力があってこそ継続可能です。②前日の「とんど作り」、当日早朝からの「繭玉作り」など、神社役員さんはじめ氏子の方々のご奉仕で行われています。また、③近隣にお住まいの方々のご理解があって成り立っています。
 今年一年の皆様方のご健祥とご多幸をお祈りしつつ、一年でも長くこの行事が続けていける事を願います。
                        小平神明宮宮司 記
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien