2022年7月14日(木)
工事も本格的に始まってきました
i0101i0201i0301i0401
本格的にひよこ棟の解体工事が始まりました。
子ども達は日替わりで工事現場に入ってくる大きな重機に興味深々です。

解体工事現場の範囲内にあった砂場と鶏小屋もお引越しをしました。
鶏小屋は、保安(はとバス運転担当)の田中先生が連日遅くまで幼稚園に残り、手作りで製作してくれました。幼稚園に来園の際には、鶏小屋にも注目いただけましたら幸いです。技術の光る仕上がりとなっております。
鶏小屋が、園舎の近くになった影響か、年少さんや年中さんも鶏に興味を示しています。鶏小屋の前に囲いを作って放し飼いにすると、各学年、抱っこできる子の姿も増えてきましたよ。

砂場は、男性保育者が中心となりながら、可動遊具で作った枠の中に、砂場から砂を引越してきました。ちょうど、猛暑が続いた時期の引越しとなり、連日汗だくになりながら、台車で何度も何度も往復し、今までの砂場の半分ほどの広さとなってしまいましたが、無事、引越し(仮)が出来ました。男性保育者S先生は、1日で2キロ程、体重を減量することが出来たようです。(現在は元に戻ったそうです)引越した砂場も、園舎から近いせいか、連日、多くの子ども達が利用してくれています。

少しづつ、工事に伴う環境の変化はありますが、子ども達の遊び・学びが充実していくよう、職員一同、環境整備と連携に工夫を凝らして参ります。
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien