1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 10月20日は雲ひとつなく珍しい位の遠足日和。学年それぞれ異なった場所への遠足がもたれました。
 園長は年中さんと一緒に幼稚園バスで「狭山公園」へ。多摩湖の堤防へ登り、端から端まで歩いて貯水池や都内遠景の眺め、下へ降りて「宅部池」へ……しかしこれらはつまらなそう。しかし「野鳥の森」へ着いてリュックを置いて、急斜面をよじ登るあそびとなるとパワー全開!! 滑り落ちるスリルを味わいながら、足場を確かめながら、何度も挑戦し登りきります。途中のロープも使わずに登ったり、降りることに挑戦したり……普段はおとなしい子も意欲的な子の刺激を受けて、どんどん登っていました。
 「太陽広場」に移動して昼食。お母さんに作っていただいたお弁当をおいしく完食、おやつ交換も楽しみました。
 昼食後は、「広場」の草の斜面を保育者も一緒にゴロゴロ転がり下りて大はしゃぎ。思いっきり遊び、幼稚園には無い「環境」を目いっぱい楽しんだ半日でした。
 神明の子たちには、環境を積極的にあそびに転化する柔軟な発想や意欲が育っていることを喜ばしく感じました。同時に、こども達が挑戦し力を伸ばしていく環境、学び探求していく環境設定の大切さを改めて感じた一日でした。
 10月8日は開会直後に激しい雨に見舞われ、急遽「10日に延期」となり、来てくださったご来賓、園児始めご家族の皆様方、未入園児とご家族、卒園児さん、運動会役員のお母様方ーーー多くの方々に大変ご迷惑をおかけしました。
にもかかわりませず、園児保護者の方々から、「先生方がずぶぬれになりながら、シートで園児たちを守っている姿に感激しました」「延期と決まってから先生方がテキパキと椅子を片付けているのに感動した」などと温かいお言葉をいただきました。申し訳なさでいっぱいでしたが、保護者の方々と気持ちが通い合っていることを感じ嬉しく思いました。

 10日は肌寒い位ながら曇りのお天気で、スムーズに全てのプログラムを行うことが出来ました。サマースクールで火の神様からいただいた「やさしさの火」「よろこびの火」「あきらめない火」「力をあわせる火」の四つの火がひとつになりました。
 年少・年中さんでは、一人ひとりを大切にしながらも、刺激を受けながら頑張る姿、ほほえましい姿が見られました。親子競技では、父母の皆様がパワー全開で参加してくださり、神明の「親子運動会」の良い伝統を感じました。
 年長さんは、開会セレモニー・かけっこ・組体操・親子競技・全員リレー、その他にもプログラム進行・年少さんのお世話・未就園児種目の係りなどの仕事もありました。組体操は、複数で力を合わせて行う演技とともに、一人ひとりが一つの形を目指した演技に、「5才児の学びに向かう真剣な姿」が見られました。また年少さんのかけっこの後の誘導では、「気遣うことが出来る優しい心の成長」を感じました。クラス対抗全員リレーは接戦で、持てる力100㌫以上出そうと挑戦するこども達の真剣な顔が印象的でした。トロフィーはひとつしかありませんが、競い合ういい仲間があってこその素晴らしい体験ができました。
 ご家族皆様方のご声援、お忙しい貴重な時間ご声援くださったご来賓の方々、スムーズな進行を終日支えてくださった運動会役員の皆様方、大変ありがとうございました。

夏休み中もあって、「ブログ」はしばらくお休みしていました。 
 今日9月10日は、「神明の神様が引っ越してこられた記念日」をお祝いしての「こどもまつり」の日です。暑すぎずに良い天気。神社前で神様にご挨拶とお祓いを受けて、沿道に出て400メートル程のところまで往復。小平警察の方に交通規制をお願いして、「おやじの会」のお父さんが警護。全保護者の方が歩道に付き添って、こども達は「わっしょい、わっしょい」と声を合わせて子供御輿を担ぎました。

 二学期が始まって、仲好しの友達との遊びが繰り広げられています。「おうちごっこ」なども、話し合って役どころを決めて、
イメージを提案して楽しさを共有しながら、一学期以上に「たっぷり」と遊べるように変化してきています。「私が・私が」の自我形成から、「私と私たち」で考え生活を進めていけるように成長してきている子たちを感じ、その子なりに考えた上で判断しているんだなと頼もしく思います。ですから「保育の質」も変わっていく時期になりつつあり、これからの可能性が楽しくなります。
 6月30日~7月1日、まだ梅雨の最中ですが、今年は天気も上々。おうちの方と離れて、なかまと先生方との、1泊2日のサマースクールです。誇りと期待でワクワクの子たち、でも幼稚園とは違い遠くで、また夜も帰れない、おうちの方がいないなど、先行きに大なり小なり皆不安を抱えているはずです。6号路(琵琶滝コース)を下から歩いての高尾山登山。軽快にグングン登る子も、急坂のシンドイ思いを越えます。
苦しさを乗り越えて頂上に立った喜びは、子どもでも大きいものがあるでしょう。みんなで食事・お風呂・キャンプファイヤー
・就寝---気持ちが高ぶってなかなか眠れなかった子もいて担当職員は大変でしたが、急病児も出ずに朝を迎えました。秋川の川遊びでは、冷たい水に全身浸かる子もいて、たっぷりと早い夏を楽しみました。
 幼稚園にはさまざまな子たちがいます。ちょっとした環境の変化も苦手な子もいます。そうした子たちも含めて、信頼できる教職員となかまがいるからサマースクールを頑張れた一人残らずの子たちに、大きな成長を感じます。“みんなして一つ大きくなった”、そんな印象を持ちました。
 準備万端・当日までの健康管理・お子さんの成長のために送り出してくださった保護者の皆様に感謝いたします。
 幼稚園は、終日の預かり保育“こどもランド”はあるものの、2週間ほどたつと夏休みに入ります。
 今年も半分過ぎてた6月30日、小平神明宮では、半年間身に積もった「ツミ・ケガレ(気が枯れる)」を大本から祓い清めて、神様からいただいた元の気(元気)に立ち還らせていただきたい願いを込めて、「夏越しの大祓い式(なごしのおおはらいしき)」が行われます。境内には、6月23日~7月7日の間、氏子さんたちが作った、大きな緑の萱の「茅の輪」が設置されます。
 神明幼稚園の園児達も、このチノワをくぐって、自分で作った「お人形」に、「悪いものを身代わりになって持っていってください」とフーッと息を吹きかけて、納めます。「つらい病気に罹ったり、大きな怪我をしたりしないで、楽しい幼稚園の毎日が過ごせますように」との願いをこめた行事です。

 14日は年長さんのカレー作り。年少・中さんの時年長さんからご馳走になったカレーをクラスで作って、今度はペア・クラスさんにご馳走するのです。カレーの作り方のビデオを見たり、隠し味を何にするか話し合ったり、必要な材料を話し合い買い物を分担して、本物のお金を持ってマーケットに買いに行きます。材料を洗い、玉ねぎの皮ををむき、包丁で材料を切ります。
①カレーはほとんどの子が好き。作って食べられる。
②材料や作り方など、比較的容易に理解できる。
③みんなで話し合って、決めたことを実現できる。
皆で考え、意見を出し合い、一つに決めないと作れない。
④ペアクラスにご馳走できる。
⑤隠し味として、他クラスとは違うものを作る自由度がある。
 6月のこの時期に年長さんがカレー作りをするのは、全員で話し合って一つに決め、全員で作業する訓練とでも言いましょうか。年長さんの責任を果たし、あと2週間で、一泊のサマースクールです。それに向けての大きな自信になります。
 
 今日は朝から良い天気。屋外で様々な「思いっきりの遊び」が展開していました。
 「先生見てて!」のあそび(鉄棒や雲梯など)や黙々とした個のあそび(砂や泥だんご、虫探しなど)、クラスや「趣味」の合う子たちの群れのあそび(「可動遊具」やサッカーごっこなど)、「おもい」を伝え合っての協働のあそび(大規模な砂場遊びなど)………様々な「あそび」が入り混ざって繰り広げられています。
 あそびの発展は、必然的に「おもい」を育て、「伝達」や「共有」に発展し、コミュニケーション力や理解力を育てます。また、「自己発揮」と「自己抑制」、「役割」と「折り合い」をも求めてきます。健やかな人間育成の価値観に沿ったあそびの発展は、こども達を全面発達に導いてくれるのです。

 6月7日には「プール開き」、園庭に組立て式のプールが出されました。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
All Rights Reserved. Copy Rights 2014 Shinmei Yochien